HOME > PAHとうまく付き合うために > 減塩レシピ集 > うなぎそうめん

減塩レシピ集

そうめんにうなぎの蒲焼きと香草をのせた減塩料理で夏バテ解消

うなぎそうめん

1人前 エネルギー477.7kcal 塩分2.1g 栄養成分:たんぱく質20g 脂質13.9g 炭水化物64.2g

うなぎそうめん

夏バテ解消の一品、うなぎの蒲焼きをそうめんののどごしのよさと香草の香りで、おいしくお召し上がりください。めんつゆをかけることで蒲焼きのうま味が溶け出して減塩できます。

材料(1人前)

手延べそうめん…80g(ゆで上がり約230g)
めんつゆ(かつおだし…60g 濃い口しょうゆ…6g 
みりん…3g)
※かつおだし(水…100cc かつお削り節…3g)

うなぎ蒲焼き…30g 卵…30g(1/2個)
菜種油…3g トマト…30g(中1/6個)
きゅうり…20g(1/5本)
みょうが…10g(1個) 大葉…1g(2枚)
こねぎ・しょうが…少々

料理レシピ・作成/適正たんぱく食普及会

作り方

鍋に水を沸騰させ、かつお削り節を入れる。もう一度沸騰したら弱火で1分間煮て火をとめ、茶こしでこしてかつおだしを作る。耐熱の器にかつおだし60gと、しょうゆ、みりんを合わせ、電子レンジで加熱し軽く沸騰させて冷ます。
うなぎ蒲焼きは電子レンジで温め、短冊切りにする。
フライパンで菜種油を熱し、といた卵を薄く焼き、細切りにして錦糸卵を作る。
トマトはくし切り、きゅうりとみょうが、しょうがは千切りにし、こねぎは小口切りにする。大葉は手でちぎる。
そうめんをゆで、水にさらしてザルで水気をよく切る。
⑤を器に盛り、②・③・④の具を彩りよくのせて、①をかける。

市販のめんつゆ(製品によって成分は異なります)を使っても、おいしく召し上がれます。

ページトップへ