HOME > PAHの治療について > 心不全ってなに?

PAHの治療について

心不全ってなに?

心不全の治療

心不全に対しては、主に次のような治療が行われます。

アンジオテンシン
変換酵素阻害薬
慢性心不全の第一選択薬です。体内に水分がたまるのを防ぎ、心臓の負担を軽くします。
β遮断薬
心臓の筋肉の過剰な興奮を抑えることにより、心臓を休ませます。
利尿薬
むくみなどがある場合に使用します。尿の量を増やして、体内に必要以上にたまった水分を外に出すことにより、心臓や肺の負担を減らします。
強心薬
心筋の収縮を強くしたり、脈拍を適正にしたりして、心不全の増悪を防ぎます。
手術療法
薬では効果が不十分な場合、人工心臓や心臓縮小手術、心臓移植などが行われます。

ページトップへ